空き巣の傾向を把握した上で対策を行なう【鍵屋に訊く空き巣の侵入法】

鍵は簡単に開けられる!ツーロックが最適な理由

玄関の鍵を閉めても、空き巣は簡単に家の中に進入することができます。空き巣対策のためには、鍵をかける以外に様々な対策が必要になるのです。警視庁で推奨されている方法には、ツーロックという鍵を2つ取り付ける対策があります。

空き巣が侵入する方法

空き巣が玄関から侵入する方法はいくつかあります。ここでは、玄関の解錠方法の特徴などをいくつか紹介するので、事前に知っておきましょう。

ピッキング
テンションとピックという道具を鍵穴に差し込んで、鍵を開ける方法です。手慣れている空き巣ならば、1分もしない内にロックを解除することが可能です。道具は簡単に購入できますし、使用方法もネットで公開されているため練習さえすれば誰でもできます。
サムターン回し
サムターンとはドアの内側にある鍵を閉めるつまみで、このつまみを外側から開ける方法です。新聞受けやドアスコープなどの隙間から、工具を入れてサムターンを回します。他にもドアに穴を空けてから道具を入れるなどの方法があります。ピッキング対策をしても、サムターンでの開錠は防げないのです。
バンピング
バンプキーという特殊な鍵を使用する方法で、鍵穴に差し込んで開錠することが可能です。この鍵があれば、鍵穴の形に合った鍵を作ってドライバーやハンマーを奥に押し込んで開錠できます。この方法は技術を必要なく、被害を受けた人も最初は鍵のかけ忘れだと思うほど気付きにくい方法です。
こじ開け
バールなどの工具をドアと壁にある隙間に差し込んで、テコの原理で開ける方法です。昔からある方法ですが、外開きのドアはこの方法に弱いため簡単に破壊されてしまいます。ドアと壁の隙間は失くしようがなく、対策も難しいでしょう。慣れている空き巣ならば、人目がない時にすぐにこじ開けて入り込みます。

空き巣の侵入を防ぐには、補助鍵を取り付ける「ツーロック」が最適です。鍵が2つあれば、その分開錠するために時間が掛かります。空き巣は侵入に時間の掛かる家を避ける傾向があるので、取り入れると犯罪を予防できます。

TOPボタン