鍵屋が扱っている防犯性に優れた鍵を知ろう

多く利用されている鍵の種類を知ろう

現在多く利用されている鍵の種類について知っておくと、効果的な防犯ができるでしょう。広く普及している鍵は、ピッキングもされやすいと言えるからです。様々な種類の鍵をについて知り、納得のいくものを選びましょう。

一般的に使用されている鍵

住宅などの建物で現在主に使われている鍵は、シリンダー錠と呼ばれるものです。シリンダー錠の内部は外筒の中に内筒が入っていて、鍵を差して内筒を回転させ施解錠する仕組みになっています。このとき外筒と内筒を貫くように複数のタンブラー(障害)があるので、鍵のくぼみとタンブラーが一致する鍵を用いない限り内筒は回転せず、鍵を開けることができません。

防犯に関するQ&A

ピッキングされやすい鍵とはどのようなモノですか?
現在一戸建てやマンションでよく用いられているのが、ディスクシリンダー錠(ウェーハータンブラー錠)とピンタンブラー錠(ピンシリンダー錠)です。ピンタンブラー錠は、鍵のギザギザ部分が片側だけに刻まれているもので、形状によってピッキングされにくいとされていますが、やはり防犯性は高くありません。
どのような鍵と交換すれば防犯性を高められますか?
シリンダー錠の中でピッキングが難しいと言われているのが、ディンプルシリンダー錠です。これは鍵の表面に凹凸を持つデザインで、鍵本体内部に複雑に配置されたタンブラーを鍵のくぼみで捉えて内筒を回すので、ピッキングされにくいと言えます。

鍵紛失を防ぎピッキングにも強い電子錠

空き巣

鍵の防犯で一番気をつけたいことは、失くさないということです。鍵を落としたり置き引きで紛失したりすると、空き巣などの危険性を一気に高めます。電子錠にはそれを防ぐことのできるいくつかのメリットがあります。

電子錠を住宅やオフィスで利用するメリット
特定の部屋や建物に複数の人が入るという場合、通常の鍵では紛失時に全ての鍵を作り直さなければなりません。電子錠であれば暗証番号を変えることで対応でき、万が一不備や不正解錠が発生してもプリンターやパソコンなどの記憶媒体のデータを元に解析ができます。
防犯性に優れている
電子錠を取り付けたドアは、オートロック搭載ですから自分で鍵を閉める必要はありません。施錠のし忘れを解消できますし、施錠していない時はランプが点滅するタイプの製品もあります。ですから、閉め忘れによる空き巣の侵入を防ぐことが可能です。また、補助鍵を取り付ける1ドア2ロックを行なえば、更に防犯性を高めて空き巣に狙われにくくできます。

このように様々な性能に優れた鍵があります。絶対に開けられない鍵というものはないので、鍵屋に相談して様々な鍵と組み合わせて防犯対策を行なうことが重要です。

TOPボタン